新マンドリル舎の現在の様子です。

今年の6月25日に新マンドリル舎がオープンしました。オープンは少し前の話になりますが、このコラムには載せていなかったので、オープンから4ヶ月経った現在の様子をご紹介します。

野生のマンドリルは、霊長類最大とも言われる大きな群れで暮らす動物で、高い社会性を持ち、とても表情豊かです。のんほいパークの新マンドリル舎は国内最大級の施設で、マンドリルを群れで飼育することにより、マンドリルが本来持っている行動や、コミュニケーション能力などを観察することができます。

 

新マンドリル舎は、ド派手なチュウタロウの顔が目印です↓

dscf9466

 

外放飼場は2つあり、1つにはチュウタロウ(♂)とオヨメ(♀)夫婦がいます。

仲良し夫婦ですが、オヨメちゃんはやや気まぐれなので、時々チュウタロウがいじけてい

ます。

dscf9487

もう1つの放飼場には、チュウタロウ・オヨメ夫婦の息子のケイと、チュウタロウの親戚にあたる子供たちの計4頭の若雄がいます。

 

↓とべ動物園生まれの大五郎です。人に育てられたので、人懐こくマイペースです。

dscf9436

 

↓大牟田市動物園生まれのノエル、ヒカルと、豊橋生まれのケイです。

年が近いので、お互い良い遊び相手になっています。

dscf9454

 

大小様々、個性豊かなマンドリルたちにぜひ会いに来てくださいね(^^)/。

獣医師。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA