壁の中のぬし。

かべ!かべ!白いかべ!

あたりを見回してもアジアゾウダーナの目に留まるのは工事用の囲いばかり。周囲にいたニホンザルやオランウータンなどの動物たちは新獣舎が出来て移動してしまいました。囲いの向こうでは、ガシャン、ガシャンという作業音が聞こえ、壁の上からは時折りショベルカーのアームが見え隠れしています。

お客様にもご迷惑をおかけしていますが、新しいゾウ舎を造る工事をしているのです。

昭和48年に2才で豊橋にやってきて、約43年もの長い間、動物園の移り変わりを見てきたダーナでも今回ほど大きな工事を見るのは初めてです。周りでは見慣れない工事が進み、見慣れていた仲間たちは次々と引っ越してしまい、ダーナは少し心細くなっているかもしれません。

新しく完成したサル山やオランウータン舎も見どころいっぱいで楽しいですが、ダーナのことも忘れずにぜひ会いに来てあげてくださいね。ダーナも皆さんが会いに来てくれるのを待っています!

ダーナも工事が終わるまでもう少し我慢しててね。

cimg0923cimg0886

ゾウ担当者。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA