のんほいパーク来園 2周年記念

 

9月9日。

この日は、ニッポンツキノワグマアイルにとって特別な日。

2年前のこの日に、生後半年の小さな小さなツキノワグマが、

のんほいパークにやって来ました。

第一印象は、「THE くまのぬいぐるみ」。

体重→約10キロ 身長→立った時 約50㎝

 

 

それから2年が経ち、2歳半になった今では・・・

体重→約40キロ 身長→立った時 約140㎝

 

 

立派なクマになってくれました。

成長は見た目だけではありません。

 

1歳の時までは、心が幼くて何に対しても許容の狭かったアイル。

知らない飼育員さんが獣舎に入って来ると、

怖いよ!あなた誰ですか!?と叫んだり。

エサの内容を変えると、

アイルは野菜食べません(*_*) と訴えてきたり。

思春期のような時期もありました。

気持ちの起伏が激しく、すぐに怒ります。

そんな時はそっと離れて、落ち着くのを待ちました。

 

 

ですが2歳になったアイルは、良い意味で1年前の面影はなく、

誰とでも仲良くでき、何でも食べれるようになりました。

気持ちも安定し、怒ることは滅多にありません。

アイルの成長に、日々たくさんの感動をもらっています。

 

小さい時は、麻袋ねえさんしか友達がいませんでした。

 

 

ですが今は、アイルからどんどんお友達を増やしていきます。

遊び方もアイル自身がどんどん考え、生み出します。

 

 

 

「真っ黒同士!」

 

 

必殺ボール回し!中の2コマです。

このボールとアイルは、生後半年の時から一緒に居るのですが、

2歳になった途端、一緒に遊ぶようになりました。

それまでは、あっても知らんぷり。

でも今はとても仲良し。

 

 

 

 

「親友のピンクちゃん☆」

 

 

このピンクのボール、ピンクちゃんが一番好きなアイル。

この写真は大事そうに抱えてますが、時にはアグレッシブに遊びます。

 

 

 

 

「だらける仲間 コングレッド♪」

 

 

 

 

 

「得意技 木登りの術!!」

 

 

 

 

 

・・・・・・???

 

 

 

 

 

アイルの運動神経の良さには、本当に驚かされます。

曇で風の強い日。雨の日。なんかは高い確率で登っていますよ。

ツキノワグマって木を登れるの!?と驚く方がたくさんいらっしゃいますが、

野生のツキノワグマは木に登り、木の実や葉っぱを食べます。

アイルが見せる野生本来の姿を、是非皆さんにも見て頂きたいです。

 

 

 

 

「汗かいちゃったね お風呂入ろう♪」

 

 

 

アイルの下の丸いコンクリートの中は、水飲み場となっています。

だからこのサイズ。

お尻浸かって、お腹浸かって。ってするより、

お外の大きなプールに浸かればいいのに、と日々思います。

でも大きなプールのサイズより、

お尻がちょうどはまっちゃう水飲み場のサイズのほうが好きみたいです。

 

 

 

 

「元気もりもりに遊んだ後は?zzZ」

 

 

こんな顔をして寝られると、こっちまで幸せな気分になります。

麻袋ねえさんも、担当飼育員の私と同様に、アイルの成長を見守ってくれています。

 

 

 

アイルが来た2年前の9月、この月に私ものんほいパークの飼育員として働き始めました。

そして初めての担当動物が、アイル。

アイルは、私の師匠です。

飼育員の仕事を、アイルから教わりました。

師匠の3周年記念も、無事お祝いできるように、私も頑張ります。

 

 

 

長くなってしまいました。すいません。

最後にアイルの名前の由来だけ、お話しさせて下さい。

 

アイルとは、

「たくさんの人からアイされように」

という意味が込められています。

 

なので皆さん、どうぞ愛してやって下さい。

まだまだ成長途中のアイルを、楽しみにしていて下さい。

 

 

 

最後は、綺麗なツキノワマークで♪

 

 

ツキノワグマ担当飼育員でした。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA