公園長ブログ 卯月-その1

みなさん こんにちは、豊橋総合動植物公園 公園長の瀧川です。

 

昨年度までは、動植物公園の園長でしたが、今年度から、自然史博物館も守備範囲となり、公園長という役職をいただきました。

よろしくお願いいたします。

また、今回から、飼育ブログにお邪魔する形で、公園長ブログを始めます。

「のんほいパーク」の様々な話題をのんびりと、お届けしようと思っていますので、決してかしこまらず、ゆるーく流し読みいただければ幸いです。

 

 

さて、今年もメタセコイアの木々に若葉の季節がやってきました。

中央門から東門にかけて、園の中心を貫くように植えられたメタセコイア、 秋,葉をすべて落とした時には、幹と枝だけのがらんとした空間が広がっていましたが、

いつの間にか、その空間がうす緑に染まりはじめ、春が、ゆっくりゆっくり、公園全体を包みはじめています。

 

名前は忘れてしまいましたが、北欧のある街では、市庁舎の前にある大きな落葉樹が、その街で一番早く春を告げる樹とされており、

毎年、その樹の芽吹きが確認されると、その街の市長さんが高らかに春の訪れを宣言するのだそうです。

 

 

私も、ぜひ、そんな春の訪れを宣言したいものだと思い、「のんほいパーク」の中にも、いち早く春を告げる樹があるのではないかと、毎年、気を付けてみています。

しかし、暖かい雨が降った後など、いっせいに芽吹いた木々を前にすると、そんなことなど、すっかり忘れてしまって、

やわらかな朝の風や、ゆうぐれの花桃色の空や、そんな春の景色と同じように、茫然として、ただ見つめるだけになってしまいます。

春は、始まりの季節ですが、ときおり、まだまだ、肌寒く、少し寂しく感じることもありますね。

みなさんはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

「春の風景」

 

 

ある春の朝

 

青く透きとおった大気の中で

 

若葉にゆれる

 

小さな水滴(朝露)のかたまりが

 

陽光に照らされ

 

きらきらと笑った

 

 

 

よく見ると

 

そのきらめき中に

 

小さな春の風景が

 

ゆっくりと揺れていた

 

 

 

黒い土のにおい

 

かろやかにうねる、みどりいろの風

 

木々の梢に、小鳥たちは春を歌い

 

どこかで、うすむらさきの花が、うつむくように揺れていた

 

 

 

ああ

 

はるよ、この季節よ

 

きみたちは、なにもかもが、とうめいで

 

すべてが始まろうとする時を生きている

 

そして、それは

 

緑と風と光でできた、あのなつかしい風景だ

 

 

 

 

この小さな水滴の中に

 

私の大切な思い出はめぐり、めぐり

 

やがて、風景が、にじむようにとけこんでいくこの刹那に

 

ほんの少しの憧れと、ほんの少しの悲しみをただよわせて

 

はるよ

 

きみは

 

ゆっくりと

 

私の前から、立ち去ってゆくのか

 

 

 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA