☆.クイズ.★

だれでしょう??

 

 

まずはシルエット登場!

んん? ・・・・・・いた!!

こちらを見ています。

目で見ているというより、耳で、鼻で、こちらを見ています。

耳がよく、鼻が利く動物ですよ。

みなさん、発見できましたか?

特徴チェック☆その1➡「ま~るい耳」 体

 

 

 

 

おっと、また木登りしています。

この垂直な木の高さは、4メートルほど。

あっ! てっぺんに登り切っています!!

この木の直径は、30cmほど。

とてつもない身体能力。

特徴チェック☆その2➡「木登り上手」 能力

 

 

 

 

黒いですねぇ。

逆光? 陰になっているのかな?

もっと、近づいてみましょう。

 

 

黒いですね!!

あれ。少しお顔が見えるような、見えないような・・・

みなさん、そろそろわかってきましたか?

特徴チェック☆その3「毛色はブラック」 体

 

 

 

 

よいしょ。

 

 

ほいさ。

 

 

おっと。

 

 

あ。

 

 

(ポトッ)

 

カンの箱を、持ち上げて遊んでいるようです。

手も足も、とっても器用ですね。

特徴チェック☆その4「後肢二足で立てる」

 

 

ここで大ヒント!

お顔が写ってますよ~

 

 

ブドウと、ヤマモモの実を食べていますね。

おいしそう・・・

動物園では、基本的に、蒸しイモ・蒸しニンジン・キャベツ・リンゴ・煮干し

など、お野菜を中心にを食べていますよ。

大好物は、まれに食べれる、ブドウやハチミツ。

期間(季節)限定で食べれる、ヤマモモの実(春)やドングリや栗(秋)。

なんでも食べるんですね。

特徴チェック☆その5「植物食の強い雑食性」 生態

 

 

 

 

よく食べたあとは、おやすみぃ。zzZ

木と一緒に寝る日もあれば、お気に入りのおもちゃと一緒に、寝る日もあります。

寝相もバリエーション豊富。

 

 

ブタ鼻なのも、特徴かも。

 

 

あ! トレードマークが写っています!

これでわかる人も、多いんじゃないでしょうか(^_^)

最大の特徴、胸元を飾る、白いV字!

個体によって、形はさまざま。

この形で、個体識別ができます。

ごくまれに、無い個体もいますよ。

そういう個体は、全身真っ黒。素敵な個性ですね。

みんな違って、みんないい!

特徴チェック☆その6「胸にある白い三日月模様」 体

 

 

 

みなさんは、どの段階の写真で、この動物の正体がわかりましたか??

 

 

 

さぁ! 答え合わせです!

正解は・・・・・・?

 

 

 

 

 

「ニッポンツキノワグマ」の「アイル」でした♪

 

 

正直に言うと、担当者であるにもかかわらず、

私ではアイルをきれいに美しく、写真に収める事ができません。

言い訳させて下さい。

単純に、写真を上手に撮る技術がないこと。

そして、写真を撮っているとき、アイルにばれてしまうと、

寄ってきてしまい、アングルどころではなくなってしまうこと。

 

なので、隠し撮りしたようなアングルばかりになっちゃうんです。

 

 

 

これなんて、ものすごい斜めの角度から、撮影しました。

 

 

アイルは、自身で遊びを考える事が、とても上手です。

なんでも、おもちゃにしてしまいます。

 

布系のおもちゃで遊んでいるとき、楽しくなってくると、

頭にかぶって歩き回ります。

 

 

 

興奮が最高潮に達すると、アイルはでんぐり返しをします。

 

 

 

お気に入りのおもちゃは、寝ころびお腹の上で、回します。

 

 

 

大好きなおもちゃは、私に紹介してくれます。

 

 

 

食べ物と、食べれない物の区別がちゃんとできるので、誤飲の心配はありません。

 

 

 

 

ツキノワグマは、みなさんが想像しているより、賢いと思います。

ガイドなどで、お客様とお話ができる機会に、よくそう感じます。

アイルは、飼育員を一人ひとり見分けています。

いつも着ている作業服ではない格好をして、

お客様側の観覧エリア(ガラス窓)から見ていても、

こちらに気づきます。

 

クマという動物は、基本的に、一点集中型。

そして、熱しやすく、冷めやすい。

 

なので、2つのことを同時に進めたり、

2つの物を同時に扱ったりすることは、難しいことです。

ですがアイルは、今年3才になって、身につけた技があります。

 

 

2つのおもちゃで同時に遊ぶことです。

遊ぶおもちゃを、足と手で分けたり、右手と左手で分けたり。

よく考えていますね。

 

今まで、私が一番驚いたおもちゃは、

 

 

オレンジの皮です。

咥えて走り回ったかと思えば、口と手でコネコネしたり。

それをもおもちゃにしちゃうのか!と、驚きました。

 

 

予想だにしないものがおもちゃになり、

これは面白いおもちゃになるだろう、と思って渡したものが、

とっても無視されたり。

でも、それでいいんです。

与えられたもの全てに同じ反応を示し、同じ遊び方をしていても、

アイルはきっと楽しくありません。

 

アイルの選択肢を、いかに多くするか。

『これもいいけど、あっちもいいなぁ。どうしよう。』

と迷い、頭・心・体を使って考える時間を、どれだけ長く生み出せるか。

また、アイルの選択方法のバリエーションを、いかに多く増やせるか。

『これはいらない! これは好き! 今はこれよりあれがいい!』

といったような心の豊かさを、より発展させ、常に高く保てるか。

 

私はそれを念頭に置き、アイルと過ごしています。

 

 

これからも、こーんな姿や、

 

 

こーーんな姿の、

 

 

アイルに、会いに来てください。

 

これより成長したアイルを目撃するのは、あなたかも知れません。

 

 

 

 

ツキノワグマ担当飼育員より

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA