和鳥の観察

皆さん夏鳥、冬鳥、留鳥と言う言葉をご存じでしょうか?何となく聞いた事はあっても、詳しい意味までは分からない方も多いかと思います。

 

 

ざっと簡単に説明しますと…

 

 

夏鳥…主に春に渡来し繁殖。秋に南方へ渡る。

(コマドリ、キビタキなど)

 

 

 

 

 

冬鳥…主に秋に渡来して越冬。春に北方へ渡る。

(ジョウビタキ、ツグミなど)

 

 

 

 

 

留鳥…年間を通して同じ場所に生息する鳥。

(セグロセキレイ、メジロ、ウグイスなど)

 

 

 

 

のんほいパークでは和鳥を多く飼育していますので、展示場では上記の夏鳥、冬鳥、留鳥を年間を通して見ることができます。

また、これからの時期は野生の和鳥も移動の時期なので、運と時期が良ければ、南方へ渡る途中のキビタキや、日本に渡ってきたばかりのジョウビタキなど多くの鳥を見ることが出来ます。

 

 

 

 

 

観察して自分で見つけた鳥の種類が分かると、とても楽しいですよ。小さな鳥ですが是非目を向けてみて下さい。

 

野鳥園担当より

 

 

 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA