いつも仲良し

今回はペリカンの話です。

のんほいパークでは2羽を飼育しています。

モモイロペリカンという種類で、日本の動物園や水族館でよく飼育されているおなじみの種類です。

エサは1日2回、アジを1kgぐらい毎日食べています。

 

 

 

名前はオスのペリとメスのカンです。

体の大きいほうがペリ、小さいほうがカンなので一目で見分けはつくと思います。

そんな2羽ですが、とにかく仲が良く常に行動を共にしています。

 

休んでいるときも一緒...

羽繕いをしているときも一緒...

エサを食べに来るときも一緒...

食べ終わって帰るときも一緒...

どんなときでもずっと一緒にいたいみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

この距離わかりますか?いつもこんな感じです。

 

ペリだけ、カンだけで写真を撮りたい時もありますが、こんなにべったりくっついているとなかなかむずかしく、つい2羽まとめての撮影になってしまいます...

 

 

アフリカ園にいるので、仲良しペリカンの2羽にぜひ会いに来てくださいね。

 

 

 

 

さて、話しは少し変わりますが、モモイロペリカンは10月ごろから繁殖にむけた変化がみられる時期です。

ペリとカンも10月にはいったぐらいからだんだんと食欲が増してきました。

また、羽の色も白っぽい色から徐々に桃色になってきたようにみえます。

(これが、モモイロペリカンの名前の由来です。)

 

 

 

少し桃色になってきた写真ですが、わかりづらいですね。ごめんなさい...

 

春頃までは繁殖にむけた行動がみられるようなので、この2羽の今後に期待したいと思います。

皆さんもあたたかく見守ってあげてください。

 

ペリカン担当

 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA