ゾウのごはん

こんにちは。またまたゾウさんの話をしたいと思います(^^)

ゾウのごはんについてです。

 

 

多くの方はご存知かもしれませんが、動物園のゾウ達の主食は乾草(乾いた牧草)です。

野生のゾウはエサを求め何十㎞にも渡り移動します。

動物園でも採れたての葉物をたくさんあげたいところですが、それを大量に置くスペースや、新鮮なほど高いので金銭面も厳しいです。

そのため乾草を主にあげているわけです。

乾草の良いところは、保存性が高い点・水分の減少によりビタミンやミネラル等の成分比率も高い点があります。

オスゾウのダーナには、チモシーという乾草を1日に50㎏ほど与えています。

なんとメスゾウの2倍以上です!!

トウモロコシなどの穀物を圧縮させたフードもあげています。イヌで言うドックフードのような存在です。

 

 

 

 

これはダーナの晩御飯です

 

 

 

 

 

それでも新鮮なものをあげたいので、竹や青草などを飼育員自ら採りに行って、毎日ゾウ達にあげています。

 

 

 

 

 

ゾウは1日に2回ほどトレーニングを行っています。

トレーニングでは体の健康状態だけでなく心理的面もチェックしています。

また叩いたり、怒ったりはせず、無理もさせない。ひたすら褒めます。

それらが動物達に良い刺激を与え、それらが動物福祉に繋がっていきます。

ご褒美は、ゾウにとって美味しいエサになります。

ニンジン、イモ、リンゴを中心に与えていますが、その個体の好きなものに合わせて与える割合も違ってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

切り方も投げやすいように平たいです。

 

 

 

 

 

 

それでも足りない栄養素を補うために、これらを乾草やフードにふりかけてあげて、一緒に口の中に入るように工夫してあげています。

皆さんも必要な栄養を、サプリやジュースで補うのと同じ感覚です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ではでは動物園のゾウは1日どのくらい食べるのか??

 

 

なんと!?トータルで…

オスゾウ70㎏・メスゾウ50㎏も食べています!!

草食動物の中でも消化効率が良いほうではなく、食べたものの4割くらいしか栄養を吸収できないそうです。

だからこそ沢山食べるんですね。

 

 

ゾウは食べ物なら何でも食べる!というイメージがあるかもしれませんが、

食べる前には必ず鼻で嗅ぎ、安全かどうか確認してから食べます。

この前ダーナにミニトマトを試しに与えたことがありますが、今まで食べたことがなかったのか?食べなかったです。

48年生きて体も大きいダーナでさえも、とても慎重に行動します。

どうやらダーナはバナナも苦手なようで、キャベツやニンジンが特に好きみたいです。

 

 

 

 

ゾウ達には美味しいものを食べてもらい、いつまでも健康で長生きしてもらいたいです。

 

 

 

 

アジアゾウ担当

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA