ウサギの穴掘り

ウサギの穴掘りについてお話しします。

今回はよく穴を掘る【ユキ】に登場してもらいます!

 

 

 

 

 

 

この子がユキです。

 

 

 

 

ユキは朝、放飼場に出すとまず初めに砂場に行き、穴を掘り始めます。もちろん砂場に穴を掘るのはユキだけではなく、一日を通してウサギたちはそれぞれ穴を掘っています。

 

なぜウサギが穴を掘るかというと、動物園で飼育しているカイウサギはアナウサギを飼いならしたものです。アナウサギは野生では基本、地に巣穴を掘って暮らしています。そのため動物園のカイウサギも本能で土に穴を掘るのです。

 

こんな感じに土をならしてウサギたちが掘りやすいようにしておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、ウサギを外に出します。

やはり朝一番に砂場に向かってきたのはユキ。

さっそく穴を掘り始めました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユキはこの木箱の近くがお気に入りのようで決まってこの近くを掘ります。

掘っている下を見てみると、堀はじめなのでまだまだ穴は浅いです。

でも、しばらくすると・・・

 

 

 

 

 

 

 

だいぶ掘れてきましした!!!

前から見てみると・・・

 

 

 

 

 

 

こんな感じです(^▽^)

可愛いお顔が見えました!!!

 

 

こんな感じでそれぞれ気に入る場所を見つけ、穴を掘ります。

次の写真は、だれが掘ったかは分かりませんが深い穴が綺麗に残っていたので紹介します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと、向こう側につながって通り道が出来ていました!!

こんなにも掘れるなんて・・・

本能ってすごいですね!

 

ウサギと言えば、ピョンピョン跳ねるイメージがあると思いますが、跳ねるだけではありません。硬いものをかじったり、このように本能のまま穴を掘ったりします。

ウサギの放飼場では日向ぼっこをしていたり木をかじったりしている姿を見ることが出来ます。もちろん、穴を掘っている姿も見ることができるかもしれないので、是非ウサギの放飼場を見に来て下さい(o^―^o)

 

 

 

ウサギ担当より

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA