シロサイのソフィア♀の成長と今後への期待

シロサイの「ソフィア」は、平成30年9月に南アフリカ共和国から当時2歳で豊橋にやってきました。

来園してから環境に慣れるように、室内とサブのパドックの移動練習を行っていましたが、

私たちを見る度に柵越しに向かってきました。

まだ短い角の根本が擦れて、削れてしまいました。

 

 

 

しかし、2週間も過ぎたころから餌を近くで与えても、こちらを伺うだけで落ち着きがでてきました。

12月には、タンディ♀と一緒に展示出来るまでになり、また翌年の令和元年4月にはトム♂も含めて3頭展示出来るようになりました。

トムとソフィアの相性もよさそうな感じでした。

 

 

 

8月に入り、ナイトzooが開催。

3頭とも夜の8時まで展示場に出ることになりました。

 

 

 

そして、9月に初めてトムとソフィアの交尾が確認されました。

繁殖年齢には、少し早いタイミングですがトムの年齢29歳を考えると自然に任せることにしました。

交尾も10月、12月、令和2年6月と確認することが出来ました。

それ以降、9月まで目立った発情が来ていないことからひょっとして?と期待しています。

妊娠期間は、約550日と私たちと比べても長いです。

 

 

 

 

「ソフィア」、「トム」、「タンディ」が長生き出来るように、今後も大切に飼育していきたいと思っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

シロサイ担当

 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA