気分爽快!

開園前、日中分のエサを設置するため、シマウマの放飼場に向かいます。

広い放飼場で深呼吸をすると、 “気分爽快!”

 

1日の始まりです。

 

と、いうわけで…。

今日は、グラントシマウマの話や“ソウ”と“カイ”の成長を振り返ります! (ちょっとだけ私の話もします)

 

 

私がシマウマ担当になったのが、昨年4月。そして、飼育員になったのも昨年の4月です。つまりはド新人のド素人でした。

飼育員の仕事は、全部が初めてで、毎日が目まぐるしく過ぎて行きました(;´∀`)

 

この時飼育していたシマウマは全部で8頭。(シンジ♂・サヤ・カエデ・アヤ・アーサ・ハマ・シズク・ミリア)

最初は全く見分けがつかず、収容に苦戦する日々…。

しかし、しま模様は1頭1頭違うのです。両肩、おでこ、おしり。それぞれの特徴で見分けます。

 

 

 

右:サヤ 左:カエデ

 

やっと個体識別ができるようになったころ、シマウマの前任の方や、獣医さんに、ハマのお腹が大きくなっているんじゃないかと言われ、妊娠の可能性があることを知りました。

シンジとハマの交尾を確認したのが2019/5/19。シマウマの妊娠期間は約370日なので、交尾からおよそ1年後を目安に出産を向かえるようです。

 

無事、生まれてきてくれ~~!と願った矢先。

 

 

 

【5月22日】

この日、私は休みをいただいており、家でまったり過ごしていました。

すると、スマホの通知音が鳴り、メッセージを開くと。「シズクが出産した」との連絡が(゚д゚)!

 

 

え?ハマじゃなくて?シズク!?

 

 

喜びと驚きを胸に、全速力で自転車を漕ぎ(ヘルメット着用)シマウマ舎へと向かったのでした。

 

シズクはハマの仔で初産でした。育児放棄の心配もありましたが、

私が到着したころには、仔は立ち上がっており、初乳も確認できたようで、一安心でした。

オスです。

 

 

 

数日後のようす

 

 

シズクという名前の涼しいイメージから、ソウ(爽)と名付けました!

 

今までのシズクはハマにべったりでしたが、出産後は仔に寄り添い、すっかり母親の顔に…(´;ω;`)母親とは偉大ですね…。

 

 

6月1日、他のメス6頭+シズク・ソウの群れ入りを試みました。

シマウマは群れを作る動物であり、いわゆるカーストが生まれます。ソウが誕生したことで今までの順位が変わり、シズクは他のメスから攻撃されることが多くなりました。

周囲の攻撃に翻弄されるソウと、守るべき仔に近づくことのできないシズク。2頭の群れ入りは容易ではありませんでした。

 

 

ほどなくして、群れが少し落ち着いてきたころ。

 

 

【6月5日】

出勤してハマに「おはよ~」と声をかけると…。

 

生まれてる!!!!!オスだ!!!!!爽快コンビだ!!!!!

 

彼がオスだということが分かった瞬間、名前が決まりました。カイ(快)です。

発見した時には立ち上がっており、しばらくして初乳も確認できました。

ハマは2回目の出産ということもあり、安心して見守ることができました。

 

 

 

 

 

数日後のようす

 

 

 

そして始まる群れ入り。

もともとハマは順位が高かったこともあり、他のメスが近づいてこようもんなら、可憐なキックをお見舞いしていました。ハマは強いです。

6月中旬には、全頭落ち着いた9頭の群れ展示を行うことができました(*‘∀‘)

 

 

 

 

 

しかし、喜びも束の間、不慮の事故により、シズクが亡くなってしまいました。突然パニックを起こしたことで、ゲートに激突してしまったのです。

シマウマは、とても警戒心の強い動物です。そのため、イレギュラーなことが起こると、落ち着かなくなることがあります。

 

 

生まれて2ヶ月も経たないうちに、母親を亡くしたソウ。

まだまだ授乳期間中であるため、その後の母乳はどうするのか、シズクがいない中で群れに入ることはできるのか。など、さまざまな問題点が発生しました。

 

 

ヤギ用の粉ミルクを与えたり、ウシ用の代用乳ペレットを与えてみたり。

食べているのか、食べていないのか、給水はしているか、排尿はできているのか、確認するためにスマホを寝室の柵に立てかけて、動画を撮ったりしました。

 

 

幸いにも、ウシ用の代用乳ペレットが口に合ったようで、食べてくれ、給水、排尿もばっちり動画に収めることができ、とても安心しました。

 

 

 

問題はここからです。

ソウ1頭での群れ入りです。

 

最初から、7頭の中にソウをいれては、激しい闘争が起こってしまう可能性があるため、放飼する頭数を制限しながら、少しずつ群れを大きくすることにしました。毎週月曜の休園日に行います。

個体の性格や群れの順位などを考え、まずは、ミリアと2頭出し。

その次の週は、ハマとカイを追加。そして、サヤとカエデ。最後にアヤとアーサを追加するという流れです。

 

 

このように書くと簡単に思えますが、闘争が起こった場合のことを考えると、とてつもない緊張感と不安感に襲われました。

最善を尽くせるよう、闘争が起きた際はどのように対処するのかなどを、アフリカ園の先輩方にいただき、日中の監視などもサポートをしてもらいました。

その結果、無事に、現在の8頭の群れ展示をおこなうことができました。

 

 

 

 

 

 

 

今では、全頭いい距離感で、のんびりと過ごしてくれています。

ソウとカイがじゃれ合う姿もみられますよ(*‘∀‘)

 

 

 

 

 

 

少々長くなりましたが、ここまで読んでくださった皆さん、ありがとうございました。

私自身、このブログを書くことで、この1年を振り返ることができました。

これからも、シマウマたちがのびのびと、安心して過ごせる毎日を作る。そんな手助けをしたいと思います。

 

 

シマウマ担当

 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA